伝染性単核球症(キス病)の症状 性病検査-クラミジア,淋病検査

性病検査-クラミジア,淋病検査

性病かも・・・性病検査は病院に行かなくても受けられます。

    性病検査を受けるなら:性病検査 STDチェッカー

性病かもしれない・・・でも病院には行きたくない。性病検査、クラミジア、淋病、エイズの検査は自宅でも受けることができます。性病が心配だ、自宅で行える郵送・郵便性病検査キットは、誰でも気軽に購入できます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

伝染性単核球症(キス病)はどんな病気なのか

キスで感染する?

ヘルペスウイルスの仲間である、EBウイルスの感染で起こる病気です。

キスによる感染が多いので、アメリカでは「キス病」と言われています。

(キスや飲み物の回し飲みなど、口からの感染が多い)

※伝染性単核球症のうち、EBウイルスによるものをキス病と言います。

米国と日本の違い

アメリカでは幼児期の感染率は20%と低く、青年期で感染するケースが多くなります。

アメリカの大学生の感染は、年間で10万人当たり1万2000人と言われています。

日本では2~3歳までに70%が感染し、20歳代で90%以上が抗体を持っていると言われてます。

小児期に感染すると症状はほとんど出ないまま、抗体ができます。

知らない間にかかって治ります

思春期以降に感染すると約50%が発病します。ただし、感染してもほとんどが数週間で自然に治ります。


睡液による口からの感染

EBウイルスは、感染者の睡液の中にいます。

キスや飲み物の回し飲みなど、口経由で感染します。

感染者の約15~20%は、無症状の状態でウイルスを持っています。


伝染性単核球症(キス病)の症状

伝染性単核球症(キス病)の症状

男性、女性、ともに同じような症状が出ます。

主な症状

倦怠感(だるさ)

38度以上の発熱

のどの痛み

首のリンパ節のはれ

湿疹が出る

肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常など

日本では小児期に感染している人が多く、症状のないまま抗体ができていることが大半です。再感染はしませんが、ヘルペスと同じように免疫力が低下した場合、発病することもあります。

思春期以降に感染した場合、約50%が発病しますが、約4~6週間で症状は自然になくなると言われています。6ヶ月以上症状が続く場合は、重症化している可能性があり、注意が必要です。

スポンサーサイト

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

クラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ男性の悩み通販女性の悩み通販バイブ ローター通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。