血精液症の症状 性病検査-クラミジア,淋病検査

性病検査-クラミジア,淋病検査

性病かも・・・性病検査は病院に行かなくても受けられます。

    性病検査を受けるなら:性病検査 STDチェッカー

性病かもしれない・・・でも病院には行きたくない。性病検査、クラミジア、淋病、エイズの検査は自宅でも受けることができます。性病が心配だ、自宅で行える郵送・郵便性病検査キットは、誰でも気軽に購入できます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

血精液症はどんな病気なのか

精液に少しの血が混じります

精液に血液が混入する症状の総称です。

原因の多くは前立腺炎だと考えられています

前立腺炎が原因の場合は、治療が必要です。

40歳以上では、前立腺がんが血精液症の原因である可能性も考えられます。


血精液症の症状


男性の精液に症状が見られます。

主な症状

色がピンク色や真っ赤になる

赤黒い小さな点々が混じるなど

出血量は微量なので、精子に悪影響はありません。男性の生殖器(尿道、精巣、精巣上体、前立腺)に、炎症や外傷などがあると、精液中に血が混じります。

原因の多くは前立腺炎であると考えられています。

原因が前立腺炎の場合

治療が必要です。

多くは細菌が前立腺の組織内に侵入することにより症状が出ます。前立腺の中の血管がもろくなり、射精時の衝撃などがきっかけで出血すると考えられます。

前立腺炎の主な症状

発熱

排尿時の痛み、頻尿

尿道の不快感

射精時の痛み

会陰部(睾丸と肛門の間)の痛み

下腹部の痛み

尿道からの膿など

前立腺炎の原因菌

最も多いのは大腸菌

クラミジア、淋菌、ウレアプラズマ、マイコプラズマ、トリコモナスなど

原因が特定できない場合も多い

検査しても尿や前立腺分泌液に異常がない場合も多いです。その場合は、特に治療の必要はなく、2~3週間で自然に治ります。

スポンサーサイト

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

クラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ男性の悩み通販女性の悩み通販バイブ ローター通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。