HIV感染症/エイズ 性病検査-クラミジア,淋病検査

性病検査-クラミジア,淋病検査

性病かも・・・性病検査は病院に行かなくても受けられます。

    性病検査を受けるなら:性病検査 STDチェッカー

性病かもしれない・・・でも病院には行きたくない。性病検査、クラミジア、淋病、エイズの検査は自宅でも受けることができます。性病が心配だ、自宅で行える郵送・郵便性病検査キットは、誰でも気軽に購入できます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

HIV=エイズ=死 ではありません

HIV(通称エイズウイルス)に感染し、免疫力が低下して発症する病気をエイズといいます。

治療法は近年めざましく進歩しており、完全なウイルスの排除はまだできないものの、エイズの発症をおさえる薬は開発されています。

早期発見、早期治療がとても大切です。

日本における感染者数は確実に増加しています

エイズでの死亡率は低下してきているものの、感染者数は増加の一途をたどっています。

現在は、男女間の性行為による感染、特に若年層の感染が確実に増えてきています。

HIVウイルスの感染源は、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳です

性行為による感染を防ぐには、コンドームの使用が一番です。

注射器の共用は絶対に避けて下さい。

HIVウイルス以外のSTD感染にも要注意

クラミジアなど、他のSTDに感染しているとHIVウイルスの感染率は3~5倍増加します。

HIVじゃないから大丈夫・・・という考えはとても危険です。

自分のため、パートナーのため・・・とにかく検査が大切

「心配な行為があった時から約3ヵ月後」から検査は可能です。

しかし、検査ができない期間でも感染してしまいますので、コンドームなしの性交渉は控えましょう。

時間のない人、病院へ行きたくない人・・・いろんな検査受診方法があります。このページでも紹介します。

感染経路

性行為による感染

性器、肛門、口などの粘膜や傷口からHIVウイルスが血液内に入って感染します。コンドームを使用するのが一番の予防法です。オーラルセックスでの感染の可能性は低いものの、口の中に傷がある場合は、可能性が高くなります。

注射器や注射針の使いまわしによる感染

麻薬や覚せい剤のまわし打ちで感染する可能性は非常に高いです。

輸血による感染

現在、献血時の血液検査において、完全にHIVウイルスを排除するのは難しく、すり抜けて混入する可能性があります。

母子感染

母親から子供へ、妊娠中の胎盤感染や、出産や授乳での感染の可能性があります。妊娠時は必ずHIV検査を受けることが大切です。

スポンサーサイト

性病検査関連サイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ


性病 性感染症 STD検査-クラミジアや淋病、エイズ検査全ての記事

PageTop

クラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ男性の悩み通販女性の悩み通販バイブ ローター通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。